スポンサーリンク

幾何学柄 ジャガード ニット カーディガン

商品レビュー
この記事は約2分で読めます。

今回ご紹介するのは幾何学柄(きかがくがら)のジャガードカーディガンです。

恥ずかしながら幾何学柄ってなぁに?って思ったので調べたところ

幾何学模様
きかがくもよう
幾何学模様は、ある種の模様とされ、具体的には以下の意味を持つ。 三角形、四角形、六角形などの多角形や円、楕円、直線などの単純な図形を部品として、それに平行移動、反転、回転、色の変化、拡大・縮小、分割などの操作を加えながら連続して組み合わせ、配列を展開して作成した模様。
らしいです。(Wikipediaより)

これで僕もひとつ賢くなりました。

しかし、このあと新たな疑問が生まれます。

EBI
EBI

ジャガード…?

EBI
EBI

ああ、なるほどね。ジャガーの柄っぽいのね。

と思い調べました。

ジャガード生地は、実はかなり歴史のある織り方のひとつです。 フランスの発明家ジョゼフ・マリー・ジャカールが「ジャカール織機」を開発したことから「ジャガード」という名称で呼ばれるようになりました。
人の名前でした。

こうしてまた賢くなったので、商品のご紹介をさせて頂きます。

こちらはショート丈ドロップショルダーニットカーディガンで、ゆるっとしたルーズなシルエットを袖口と裾のリブで引き締めた
メリハリデザインが特徴です。
シンプルなパンツやスカートと相性が良さそうですね。

カラーバリエーションは「ブラック」「ベージュ」の2種類。

オン・オフどちらでも使えそうな感じでいいですね。

コンビニ行きたいけど着替えるのメンドクサイなぁって思う私はすごく欲しいです。

そんな訳で今回は、豆知識と商品のご紹介でした。

当店では只今、歳末セールを実施中です。
12/31までほぼ全品15%オフの大特価!是非この機会にご利用下さい。

取り扱い店舗

コメント

タイトルとURLをコピーしました